トップ / 種類別美容液の使い方

種類別美容液の使い方

美容液で肌の応援を

美容液の正しい使用方法

美容液には種類があり、種類によって使用方法や定義が変わってきます。一般美容液は肌に栄養を与えるもので、化粧水、乳液などの基礎化粧品を使用したあとに使用します。寝る前に使用するのもおすすめです。寝ている間に肌を元気にしてくれます。一方、導入美容液は基礎化粧品の浸透を良くしてくれるものなので、基礎化粧品を使用する前に使うという違いがあります。普通の美容液と同じ方法で使用しても効果を発揮しませんし、無駄になってしまいます。基礎化粧品の浸透が良くなると肌の奥まで染み込んでいくので、肌が柔らかくなりしっとりします。

化粧水

化粧水のあとに使用する方法

肌悩みに応じた美容液はいろいろありますが、配合された成分によって定義が違うので、正しい使用方法を守らないと、どんなに高機能成分でも効果を最大に発揮することはできません。一般美容液の使い方は、清潔なお肌に化粧水をしっかりと塗り、お肌が十分に潤いを保った状態にしてから塗布します。お肌が乾いた状態では、上からいくら美容液を塗布したところで奥へは全く浸透してくれません。これとは違い導入美容液は、その後に使用するコスメの浸透率を高める働きがあるので、洗顔後のお肌にすぐに使います。その後、化粧水や保湿液へと進んでいきます。

↑PAGE TOP